社債とは

債権にはさまざまな種類があります。

もっとも有名なものが国債ですが、社債というものがあります。

これは簡単に言えば会社が発行する債券、つまり会社の借金のことです。

会社は経営を安定化させるため、あるいはこれまで以上に事業を拡大させるために資金調達を必要とします。

株式会社の場合は株式の発行が広く知られていますが、それ同じように資金調達のために行うのが社債なのです。

広く社債の販売を行い、できるだけ多くの人に購入してもらうことで多額の資金を調達することができるわけです。

発行する会社からみれば資金調達の手段となりますが、購入する側から見れば資金運用の手段として活用できることになります。

低金利時代が長らく続いており、定期預金での利息がほとんど期待できない現在、それよりも高い利率で運用することができる社債は魅力的な資産運用の選択肢といえるでしょう。

この社債には原則として額面と、満期までの期間、そして利率が事前に示されることになります。

そして満期までの間はその利率に従って利息が支払われ、満期後に全額返済ということになります。

ただし、注意が必要な点があります。

それは会社の経営状況。

もし社債を保有している間に会社が破綻してしまった場合、元本を回収できないリスクが生じることになります。

この点は国債とは大きく異なる点です。

社債に手を出そうと考えた場合には利率はもちろん、発行元の経営状態にも目を配るようにすることが不可欠となります。

ページのトップへ戻る