成長ホルモンって何?

成長ホルモンとは、その名の通り、体の成長に欠かせない物質です。

具体的には、骨を丈夫にし、筋肉を大きくして、体内における様々な化学反応を促進させる働きがあります。

脳の視床下部で作られ、血液にのって全身に運ばれます。

子どもの成長に限らず、人間の健康を維持するために大きな役割を担うホルモンのひとつに数えられます。

サプリメントで分泌を促す際には、筋力アップの目的で成長ホルモンの利用が行なわれます。

分泌されるタイミングとしては、運動後や睡眠中が挙げられます。

運動によって筋肉に負担がかかると、その負担に応じて筋肉の細胞が傷つきます。

この際に生じるのが筋肉痛で、成長ホルモンの分泌を促すことで筋肉痛を緩和し、より強固な筋肉の再生を促すことにつながります。

サプリメントで分泌を促すだけではなく、運動後には休養が大切です。

プロのアスリートはより効率良く筋力をアップするために、昼寝の習慣を取り入れている選手が多いようです。

これは睡眠によって成長ホルモンの分泌を促進し、短期間で筋力の増大を図るためです。

特に運動をしなくても、成長ホルモンは夜間の睡眠中に分泌されています。

睡眠に入って30分程度で、成長ホルモンの分泌量は1日のうちで最大になります。

これより3時間が、一日のうちで最も骨・筋肉が作られている時間と考えられています。

昔から「寝る子は育つ」とよく言いますが、実は科学的に裏づけされた事実として確認されているのです。

ページのトップへ戻る