リボルビング返済って何?

多くのカードローンで採用されている返済方式の中でも、初心者に人気が高いものがリボルビング返済です。

通常、リボ払いと呼ばれており、利用金額の大きさや残高に関係無く、毎回返済する金額を一定にすることができます。

例えば、1回の返済額を5000円や1万円といった、分かりやすい額面で返済額を設定することができます。

また、カード会社によってはいつでも返済額を変更することができるため、1ヶ月目は5,000円だったけど、2ヶ月目以降は1万円を返済する計画した場合には、2ヶ月目に入る前にリボ払いの返済額を変更できます。

分かりやすい金額で返済額を決めることができるリボ払いですが、借入金額が大きく、かつ返済回数が増加すると、利子負担が大きくなるデメリットがあります。

そのため、返済金額を小さく設定するよりも、返済回数をなるべく小さくして利子負担を小さくする方が得策です。

また、初めてリボ払いを利用する人が注意しなければいけないのは、返済方法が2種類ある点です。

具体的には定額リボルビング返済方式と定率リボルビング返済方式があり、ほとんどの場合には定額リボルビング返済が利用されます。

これは、毎月の返済額を一定金額に設定するものなので、分かりやすい仕組みと言えます。

尚、リボ払いを利用したい場合には、自分が契約しているカードでリボ払いが可能かどうか調べておくようにしましょう。

また、カード利用後に返済方法をリボ払いにできるカードもあるので、利用可能なタイミングについても知っておくと便利です。

ページのトップへ戻る