パートでも借りれる教育ローンはどこが良い?【審査が甘いおすすめの借入先】パートでも借りれる教育ローンはどこが良い?【審査が甘いおすすめの借入先】

教育ローンをご検討中の方へ、パートをしていて比較的安定した収入のあれば、誰でも借りれる教育ローンを厳選してご紹介します。
TOP PAGETOP PAGE > >> 学生本人がパートでも借りれる教育ローン
学生本人がパートでも借りれる教育ローン

学生本人がパートでも借りれる教育ローン

学生本人がパートでも借りれる教育ローンの融資を受けるということは基本的には出来ないと言えるでしょう。

学費が目的であってもローンはローンなので借主は貸付契約がきちんと行える人物である必要があります。

そのためにはまずは成人であることが求められますし安定した収入があることは必須条件となります。

更に現在の職場を辞める予定がないことや家賃、光熱費など生活費すべてを自分の収入でしっかり支払えているかということも重要になります。

ですので、国のパートでも借りれる教育ローンよりは銀行やノンバンクのパートでも借りれる教育ローンのほうが融資が認められる可能性は高いでしょう。

パートでも借りれる教育ローンという入学金などを有してくれるローンを提供している金融機関は銀行をはじめと信販会社など至る所にあります。

その中で1番おすすめしたいのは国の教育ローンという国で融資してくれるローンです。

最高融資額が350万円と少なめですが、1.76%という低金利の上、固定金利なので安心です。

使途は大学や高校以外にも中学校卒業以上であれば専門学校や各種学校など幅広く対応しています。

使い途も入学金や授業料だけでなく定期代や賃貸住宅の支払いなど広範囲に認められています。

パートでも借りれる教育ローンとはどういったものかご存知ですか?パートでも借りれる教育ローンとはローンの使途を教育関係の費用に限定したローンになります。

受験を控えた学生の親御さんなどが学費や入学金の支払いのためにローンを組むという方が多いです。

義務教育以上の学費や私立の学校であっても利用対象となります。

パートでも借りれる教育ローンの融資を実施している金融機関は大手銀行はもちろん地方銀行などになります。

気を付けなければいけない点として融資先によっては、保育園の費用や習い事にはパートでも借りれる教育ローンが適用されない事があります。

教育ローンの受け取り方のひとつに一括で借り入れられる一括借入れ型があります。

要は住宅ローンのように一括で借り入れた金額全てを受け取るタイプの融資です。

銀行が提供しているパートでも借りれる教育ローンの大多数はこの一括借り入れ型を採用しています。

一括借入れ型の特徴といえばローンが契約成立したら、並行して返済金額が確定されるということです。

シミュレーションしやすいというメリットがありますが追加資金が必要になってしまったときは、新規でローンを組まなければいけないというデメリットもあります。

低い金利で借りられるパートでも借りれる教育ローンと言えば教育一般貸付という国営のローンがあります。

年1.76%という低金利なので銀行やノンバンクと比べてかなりお得になっています。

一般的に銀行で3から5%、信販系は5から10%という金利が多いので国のパートでも借りれる教育ローンが存外に低金利なのがわかります。

使途は、学費以外にもアパート代やパソコン購入費など教育に関連したことであれば学校納付金以外にも広く利用することができます。

ただし、国のパートでも借りれる教育ローンは世帯年収の上限額が決まっており、対象となるのは大学や専門学校などを目指す中学校卒業以上の子供になります。

パートでも借りれる教育ローンの申し込み方法を紹介します。

申し込み方法には郵送で送る方法やインターネットを利用した申し込み方法などがあります。

郵送の場合は先に電話などで申込書を請求してください。

その後届いた書類を記入し、返送します。

ネットで申し込む場合は事前診断コーナーがありますのでまずはそれを利用して借り入れ可能か診断しましょう。

仮審査を申請するのもネット上で行うことができますし24時間いつでも受付けているところも非常に便利です。

仮審査の申し込み手続きが完了後に受付け完了メールが届くと思いますので、必ず確認してください。

教育ローンでいくらまで借りられるかということについて解説します。

最初に答えを言うと、金融機関によって融資額も様々です。

国のパートでも借りれる教育ローン(教育一般貸付)は最大限度額が350万円と決まっています。

民間で運営している銀行では300万円から1000万円程度です。

就学先が医学部、歯学部、獣医学部などの場合は、最大で3000万円までローンを組んでくれる銀行もあります。

一方、信販会社の中には学校と提携して教育ローンを提供していることもあり、提携校によって融資額が変わるほか、直接学校に振り込まれるなど他のローンとは少し対応が変わってきます。

ろうきんは会員が出資し会員同士助けあうことを目的とする非営利団体です。

銀行や信販会社といった営利目的では運営されていないため2から3%台の低めの金利が特徴的です。

融資限度額は1000万円から2000万円と、教育ローンとしては結構高額で返済期間は15から20年と長期にわたるのが特徴です。

一般の人でもローンを組むことはできますが労働組合や生協組合などの会員であれば優遇金利が適用されるメリットなどもあります。

地方のろうきんだと入学金や学費以外に仕送りや下宿代なども認められています。

埼玉りそなのパートでも借りれる教育ローンについてご紹介します。

埼玉りそなのパートでも借りれる教育ローンはりそなパートでも借りれる教育ローンという商品になります。

りそな教育ローン変動金利なので毎年4月1日と10月1日に金利が更新されます。

2017年12月25日現在(変動金利)の金利は2.20%ですが住宅ローンご利用者プランが適用されると1.80%まで割引金利が適用されます。

最大500万円まで借入可能で返済期間は最長14年ですが、医・歯・薬・獣医学部の就学費用に関しましては最長20年までOKです。

在学中は利息のみの返済が可能だったり納付金を支払った後でも、3ヶ月以内なら借入れできるなどのメリットもあります。

大手・地方問わず銀行の教育ローンは一般的に金利が低い商品が多いです。

ノンバンクのローンと比較すると融資金額も大いですしローンの返済期間も長いため、支払に追われることなく余裕を持って返済することができます。

最近はネット銀行も普及しているのでWeb上で手続きをするだけで完結できる銀行が多くなり利便性もとても向上しています。

銀行口座を持っていなくても申し込み可能なローンもありますが口座を所有していると優遇金利を受けられるといった銀行が多いです。

また、給与振込や住宅ローン利用でもその銀行を利用していれば金利が割引になる銀行もあります。

関連記事




Copyright (C) 2014 パートでも借りれる教育ローンはどこが良い?【審査が甘いおすすめの借入先】 All Rights Reserved.