パートでも借りれる教育ローンはどこが良い?【審査が甘いおすすめの借入先】パートでも借りれる教育ローンはどこが良い?【審査が甘いおすすめの借入先】

教育ローンをご検討中の方へ、パートをしていて比較的安定した収入のあれば、誰でも借りれる教育ローンを厳選してご紹介します。
TOP PAGETOP PAGE > >> パートでも借りれる教育ローンの比較はランキング
パートでも借りれる教育ローンの比較はランキング

パートでも借りれる教育ローンの比較はランキング

パートでも借りれる教育ローンの比較はランキングサイトがオススメです。

いちいち金融機関を回ったり電話で資料請求などしなくても済みます。

金利や借入可能額など知りたい情報は一覧表になっていますので、容易に比較可能です。

表の中には、来店する必要の有無やローンのメリット・デメリットなどが掲載されているサイトもあります。

いちいち検索しなくても、銀行のHPがすぐ見られるようリンクが貼られていることが多いので手間が掛かりません。

パートでも借りれる教育ローンが借りれないという人はどういった状況が想定できるでしょうか。

色々な要因があると思います。

まず、就業していることが条件でありますので無職や年金受給者は借りることができません。

正社員じゃないと借りられないということはありませんが安定継続した収入を得ているということをきちんと証明しなければいけません。

非正規雇用として契約している方は最低でも2年以上の勤続年数が必須と言えます。

年収も200万円以上はないと審査をクリアすることは難しいでしょう。

パートでも借りれる教育ローンの申し込み方を紹介します。

申し込み方法には郵送でも申し込めますしインターネットなどで申し込むことも可能です。

郵送の場合は先に電話などで申込書を請求してください。

その後届いた書類を記入後、返送することになります。

ネットで申請する場合は事前診断コーナーがあるので数秒で借り入れ可能か診断することができます。

仮審査の申し込みもWebで行えますし24時間受付け可能な点も便利です。

仮審査を申し込む手続きが終わりましたら受付けた旨のメールが届くはずですので忘れずに確認しましょう。

学生本人がパートでも借りれる教育ローンの融資を受けるということは基本的には無理です。

学費が目的であってもローンはローンなので借主は責任を持って貸付契約ができる必要があります。

そのためには成人であることや安定かつ継続した収入があることが不可欠となります。

更に現在の職場を辞める予定がないことや家賃や光熱費などといった生活費を全て自分の収入で賄えていることも重要です。

故に、国の教育ローンに融資を期待するよりも銀行のパートでも借りれる教育ローンのほうが融資が下りる可能性は高いと言えるでしょう。

パートでも借りれる教育ローンの返済方法について解説します。

パートでも借りれる教育ローンの返済は借りた月の翌月か翌々月から始まることになります。

利息は通常、借りた日の翌日から発生することになりますが、在学中は利息のみの返済でOKというローンもあります。

返済期間についても最長で20年まで借り入れ可能というものがあります。

ですが、返済期間が長くなればなるほど返済金額は増えてしまいますので注意が必要です。

教育ローンと言っても借金なので返済シミュレーションを行い、事前に返済プランを確認しましょう。

教育ローンにはカードローン型と呼ばれるタイプがあることをご存知ですか?通常のカードローンとさほど違いはなく限度額の範囲内だったら借り入れや返済を自由に繰り返すことができるといったローンです。

一般のカードローンと異なる点は使途が教育資金以外に使ってはいけないということです。

消費者金融や信販会社に良く見られる商品なのですがカードローン型を提供している銀行もあります。

金額が明確な初年度は一括借入れ型でいくら必要になるか読みづらい2年目以降はカードローン型が利用できる金融機関もあります。

教育ローンの受け取り方として全額一気に振り込まれる一括借入れ型があります。

つまりは住宅ローンのように一括でまとめて受け取ることができるタイプの融資です。

銀行などはこの一括借入れ型になります。

一括借入れ型の特色としてはローンの契約が成立すると同時に返済金額が確定となる事です。

返済の計画を立てやすいという利点がある一方で予定以上に学費や生活費にお金がかかってしまった場合、新たにローンを組まなければなりません。

アルバイトでも収入があれば教育ローンを利用することは可能です。

ですが、ローンを組むには条件があり20歳以上の成人になっていないと借してもらうことはできません。

ローン契約には安定継続した収入が必要という条件が設定されていることが多いので勤続年数は長いほど有効とされます。

返済能力も融資を受ける上で重要なポイントなので最低でも200万円以上の年収は必要になると思っておきましょう。

いずれにしても借主が学生本人というのは稀なケースなので奨学金のほうが可能性が高いと言えます。

銀行のパートでも借りれる教育ローンであればたいてい、低金利な商品が多いです。

ノンバンクのローンと比較してみても融資金額は大きいですしローンの返済期間も長期間になりますので、月々の返済も余裕を持てます。

近頃はネットバンクも普及しているのでWeb上で手続きが完了する銀行が多くなってきて利便性も向上しています。

銀行口座を未所有でも申し込めるというローンもありますが口座を持っていると優遇金利を受けられる銀行が一般的です。

給与振込や住宅ローン利用でも金利を優遇してくれる銀行もあります。

埼玉りそなのパートでも借りれる教育ローンはりそなパートでも借りれる教育ローンという商品になります。

りそなのパートでも借りれる教育ローンは変動金利になりますので毎年4月1日と10月1日に金利が更新されます。

2017年12月25日現在の店頭表示金利は2.20%ですが埼玉りそな銀行で住宅ローンを利用している人ならば。

住宅ローンご利用者プラン1.80%が適用されます。

最大借入可能額は500万円となっており返済期間は最長14年です。

最長4年6ヵ月は利息のみの返済も可能で、すでに学費を払い込んだ後でも3ヶ月以内なら借入れ可能などのメリットもあります。

関連記事




Copyright (C) 2014 パートでも借りれる教育ローンはどこが良い?【審査が甘いおすすめの借入先】 All Rights Reserved.