パートでも借りれる教育ローンはどこが良い?【審査が甘いおすすめの借入先】パートでも借りれる教育ローンはどこが良い?【審査が甘いおすすめの借入先】

教育ローンをご検討中の方へ、パートをしていて比較的安定した収入のあれば、誰でも借りれる教育ローンを厳選してご紹介します。
TOP PAGETOP PAGE > >> 教育ローンを比較するならランキングサイトがオススメ
教育ローンを比較するならランキングサイトがオススメ

教育ローンを比較するならランキングサイトがオススメ

教育ローンを比較するならランキングサイトがオススメです。

金融機関に出向いたり電話で資料請求などしなくても済みます。

金利や借入可能額など知りたい情報は一覧表になっているので簡単に比較ができます。

ランキングサイトには、来店の要・不要についてやローンのお勧めポイントなどが掲載されていることもあります。

ランキングサイトから直接銀行のHPへ飛べるようになっていることが多いのでランキングサイトはとても便利です。

ろうきんというのは会員が出資を行い会員へのサービスを目的とする非営利団体です。

銀行やノンバンクといった営利目的ではないので金利は2から3%台と比較的低くめになっているのが特徴的です。

融資限度額は1000万円から2000万円と、教育ローンとしては結構高額で返済期間は15から20年と長期なのが特徴です。

一般の人でもローンを組むことはできますが労働組合や生協組合などの会員であれば優遇金利が適用されるメリットなどもあります。

ろうきんの特色として地方の労金の場合は入学金や学費以外に子供への仕送りや下宿代に利用することも許可しています。

アルバイトの方でも収入があればパートでも借りれる教育ローンを申し込むことは可能です。

但し、ローンが組める人の条件として20歳以上の成人でなければいけません。

また、ローンを契約するには安定継続した収入が必要という条件が必須となっていることが多いので勤続年数は2年以上は必要と言われています。

返済能力も審査に通る上で重要なポイントとなりますので最低でも200万円以上の収入が必要になります。

いずれにしても借主が学生本人というのは稀なケースなので奨学金を申請した方が近道だと思います。

銀行が貸付するパートでも借りれる教育ローンは通常、低金利な商品が多いのが一般的です。

ノンバンクのローンと比較すると融資金額も大いですしローンの返済期間も長めに設定されているので余裕を持って返済ができます。

近頃はネットバンクも普及しているのでWeb上で完結する銀行もだいぶ増え、利便性も向上しています。

銀行口座を持っていなくても申し込み可能なローンもありますが口座があると優遇金利を受けられる銀行が多いです。

また、給与振込の振込口座にその銀行を使っていれば金利が安くなる銀行もあります。

パートでも借りれる教育ローンについてご紹介します。

教育ローンとは用途を教育関係の費用に限定したローンです。

受験を控えた学生の親御さんなどが学費の入学金のためにローンを組む場合が多いようです。

義務教育以上の学費や私立の学校もローンの対象となります。

パートでも借りれる教育ローンの融資を行っている金融機関は銀行やノンバンクになります。

注意点は融資先によっては、保育園の費用や習い事には教育ローンが適用されない事があります。

パートでも借りれる教育ローンもローン契約に違いありませんので、利用する際には審査に通る必要があります。

審査を受けるにあたって、いくつか用意しておくものがあり、本契約までに全て揃えておかなければなりません。

借入申込書はネット申込みの場合は不要ですが源泉徴収票や確定申告書などの収入を証明する書類は必須です。

その他、運転免許書やパスポートなどの本人確認書類や家賃や公共料金の支払いが確認できる領収書か通帳のコピーも必要です。

しかし何より一番肝心な書類は在学証明できる書類や合格通知、入学許可書になります。

国が貸し付けている教育ローンをご存知ですか?国のパートでも借りれる教育ローンは日本政策金融公庫(財務省所管の特殊会社)が取り扱っています。

教育一般貸付(国のパートでも借りれる教育ローン)と呼ばれるローンで、最高350万円までローンを組むことができます。

教育一般貸付は年1.76%という低金利のほか固定金利なので利子の心配はあまりありません。

所得や子供の数によって融資可能な年収の上限額が変わります。

使途は民間の融資機関よりも幅広く受験時の交通費や宿泊費なども認められています。

教育ローンの借入金額の受け取り方の1つに全額まとめて振り込まれる一括借入れ型があります。

いわゆる住宅ローンのように一括で受け取るタイプの融資です。

銀行が提供しているパートでも借りれる教育ローンの大多数はこの一括借り入れ型を採用しています。

一括借入れ型の特色としてはローンの契約が成立すると同時に返済金額が確定となる事です。

返済計画が立てやすい一方、想像以上に学費等に費用が掛かってしまった場合、新たにローンを組む必要性がでてきてしまいます。

埼玉りそなのパートでも借りれる教育ローンは「りそなパートでも借りれる教育ローン」という名前です。

変動金利なので1年に2度、4月1日と10月1日に金利が見直されます。

りそなパートでも借りれる教育ローン(証書貸付タイプ)の現在の店頭表示金利は2.20%ですが同行で住宅ローンを利用している人は1.80%まで割引金利が適用されます。

最大500万円まで借入可能で返済期間については最長14年まで借入可能です。

在学中は利息のみの返済が可能だったりすでに入学金を払ってしまった後でも3ヶ月以内なら借入れ可能などのメリットがたくさんあります。

パートでも借りれる教育ローンではいくらまで借りられるかということについてご説明します。

最初に答えを言うと、各種融資機関によって融資額は異なります。

国の教育ローン(教育一般貸付)は最大限度額が350万円です。

民間の銀行では300万円から1000万円程度が一般的です。

就学先が医学部、歯学部、獣医学部などの場合は、最大で3000万円までローンを組んでくれる銀行もあります。

一方、信販会社の中には学校と提携して教育ローンを提供していることもあり、提携校によって融資額に違いがあるほか、審査は早い分金利は高い等と言ったこともありますので、精査が必要です。

関連記事




Copyright (C) 2014 パートでも借りれる教育ローンはどこが良い?【審査が甘いおすすめの借入先】 All Rights Reserved.