パートでも借りれる教育ローンはどこが良い?【審査が甘いおすすめの借入先】パートでも借りれる教育ローンはどこが良い?【審査が甘いおすすめの借入先】

教育ローンをご検討中の方へ、パートをしていて比較的安定した収入のあれば、誰でも借りれる教育ローンを厳選してご紹介します。
TOP PAGETOP PAGE > >> パートでも借りれる教育ローンと奨学金の違
パートでも借りれる教育ローンと奨学金の違

パートでも借りれる教育ローンと奨学金の違

パートでも借りれる教育ローンと奨学金の違いをご存知ですか?パートでも借りれる教育ローンと奨学金は教育費と言う点では共通ですがそれぞれ異なるものです。

教育ローンは保護者が借主となりますが奨学金は学生自身に貸し付けられるお金です。

借り方にも違いがあり、パートでも借りれる教育ローンは一括で振り込まれるのですが奨学金は月ごとに定額振込みが基本となっています。

利息についても両者には違いがあり、教育ローンは借りた日の翌日から発生するのですが、奨学金は在学中には発生しません。

返済開始の時期は教育ローンは借りた翌月から始まりますが奨学金の返済は卒業後から開始となります。

パートでも借りれる教育ローンの申し込み方法を紹介します。

申し込み方法には郵送で送る方法やインターネットを利用した申し込み方法などがあります。

郵送の場合は電話などで借入申込書を請求して書類が届きますので、必要事項を記入し返送します。

インターネットの場合は事前診断コーナーがあるので数秒で借り入れ可能か診断することができます。

仮審査を申し込むのもWebで行えますし24時間いつでも受付けているところも非常に便利です。

一通り仮審査申し込み手続きが完遂したら受付け完了メールが届くはずですから、必ず確認してください。

学生本人がパートでも借りれる教育ローンの融資を受けるということは基本的には難しいでしょう。

学費目的であても借金を背負うということですから借主は貸借契約を結べる人間でなければいけません。

そのために融資を受ける人物が成人であることや安定継続した収入があることは不可欠です。

また、今の仕事を辞める予定がないことや家賃、光熱費、保険料などすべてを自分の稼ぎで賄えていることも重要です。

そのため、国のパートでも借りれる教育ローンよりも銀行などで扱っているパートでも借りれる教育ローンのほうが審査が通る可能性は高いと思います。

教育ローンもローン契約なので利用するためには審査をクリアする必要があります。

審査を受けるため用意しておかなければいけないものがあり、本契約までには全部揃える必要があります。

ネット申込みの場合、借入申込書は不要ですが源泉徴収票や確定申告書などといった、収入証明書類は必要になります。

その他、運転免許書やパスポートなどの本人確認書類や公共料金の領収書なども必要です。

しかし、何より一番必須となる書類は在学が確認できる書類や合格が確認できる通知、入学許可書です。

高校生の学費が安いとは限りません。

私立高校の場合、学費だけで年間70万円以上もかかります。

学費が払えない場合どのようなことになるか?最悪の場合、除籍や退学になってしまいます。

高校の場合、教育機関ですから即除籍になることはありませんが3か月以上滞納すると除籍・退学になる可能性が出てきます。

学費が払えないときの解決策となると、借金ということになりますが借入先は慎重に選ばなければいけません。

日本政策金融公庫が管理する教育一般貸付(国のパートでも借りれる教育ローン)なら世帯年収が低い方のための教育ローンですので安心して借りることができます。

パートでも借りれる教育ローンの返済方法について紹介します。

教育ローンの返済は借りた月の翌月か翌々月から始まることになります。

利息については借りた日の翌日から発生しますが在学中は利息のみの返済でOKというローンもあります。

パートでも借りれる教育ローンの返済期間については長いローンで最長20年というものがあります。

ですが、返済期間が長くなればなるほど返済金額は増加していきますので注意が必要です。

パートでも借りれる教育ローンと言っても借金に変わりないので事前に返済シミュレーションを行い、返済状況を逐次確認することをおすすめします。

パートでも借りれる教育ローンにはカードローン型と呼ばれるタイプもあります。

通常のカードローンとさほど違いはなく個人に与えられた限度額の範囲内なら自分の好きなときに借り入れや返済ができるローンになります。

一般のカードローンと異なる点は教育資金以外に使えないことです。

消費者金融や信販会社に良く見られる商品なのですがカードローン型を提供している銀行もあります。

学費が明確になる初年度は一括借入れ型でかかる費用が読めない2年目以降にカードローン型を利用できるといった金融機関もあります。

国が融資してくれるパートでも借りれる教育ローンをご存知ですか?国のパートでも借りれる教育ローンは日本政策金融公庫(財務省所管の特殊会社)が取り扱っています。

教育一般貸付と呼ばれるローンで、最高350万円までローンを組むことができます。

教育一般貸付は年1.76%という低金利のほか固定金利なので利子の心配はあまりありません。

世帯年収や子供の人数によって利用可能な年収の上限額が変わってきます。

資金の用途は民間の融資機関よりも幅広く受験時の交通費や宿泊費なども認められています。

パートでも借りれる教育ローンを提供している金融機関は銀行をはじめと信販会社など至る所にあります。

その中で最もおすすめなのは国のパートでも借りれる教育ローンという国で融資してくれるローンです。

最高融資額が350万円と少なめですが、年利1.76%で安心の固定金利なので利息が大幅に膨らむ心配はありません。

使途は大学や高校以外にも専門学校や各種学校など幅広く対応しています。

利用目的も入学金や授業料ばかりでなく教材費はもちろんのこと定期代や賃貸住宅の支払いなど広範囲に認められています。

銀行のパートでも借りれる教育ローンというものは、通常、低金利な商品が多いのが一般的です。

ノンバンクのローンよりも融資金額も大きく返済期間も長期間にわたるので余裕を持って返済することが可能です。

この頃はネットバンクもだいぶ普及してきているのでWeb手続きだけで完結する銀行が多くなり利便性も向上しています。

銀行口座がなくても申し込めるローンもありますが口座を所持していると優遇金利を受けられるという銀行が多いです。

また、住宅ローンの利用でも金利が割引になる銀行もあります。

関連記事




Copyright (C) 2014 パートでも借りれる教育ローンはどこが良い?【審査が甘いおすすめの借入先】 All Rights Reserved.