パートでも借りれる教育ローンはどこが良い?【審査が甘いおすすめの借入先】パートでも借りれる教育ローンはどこが良い?【審査が甘いおすすめの借入先】

教育ローンをご検討中の方へ、パートをしていて比較的安定した収入のあれば、誰でも借りれる教育ローンを厳選してご紹介します。
TOP PAGETOP PAGE > >> 銀行が貸付するパートでも借りれる教育ローンは
銀行が貸付するパートでも借りれる教育ローンは

銀行が貸付するパートでも借りれる教育ローンは

銀行が貸付するパートでも借りれる教育ローンは一般的に金利が低い商品が多いです。

ノンバンクのローンと比較してみても融資金額は大きいですしローンの返済期間も長めに設定されているので余裕を持って返済ができます。

近頃はネット銀行もだいぶ増えているのでWeb上で手続きが完了する銀行が多くなってきて利便性も向上しています。

銀行口座を未所有でも申し込めるというローンもありますが口座を所持していると優遇金利を受けられるという銀行が多いです。

また、給与振込や住宅ローン利用でもその銀行を利用していれば金利が低くなる銀行もあります。

パートでも借りれる教育ローンの申し込み方法について説明します。

申し込み方法は郵送で送る方法やインターネットを利用した申し込み方法などがあります。

郵送の場合は事前に電話などで申込書を請求します。

その後書類が届き次第必要事項を記入し、返送してください。

ネットで申請する場合は事前診断コーナーがあるので数秒で借り入れ可能か診断することができます。

仮審査を申請するのもネット上で行うことができますし24時間いつでも受付けているところも非常に便利です。

無事に仮審査申し込み手続きが完了したら受付けた旨のメールが届くはずですので忘れずに確認しましょう。

教育ローンとは借入の目的を教育関係の費用に限定されているローンです。

進学を控えた学生の保護者などが学費や入学金の支払いのためにローンを組むという方が多いです。

義務教育以上の学費はもちろんのこと、私立の小学校、中学校も教育ローンの対象になります。

融資する金融機関は大手銀行をはじめ、地方銀行やノンバンクになります。

注意しておきたい点として融資先によっては、保育園の費用や習い事にはパートでも借りれる教育ローンが適用されない事があります。

低金利有名な教育ローンと言えば教育一般貸付(国のパートでも借りれる教育ローン)です。

年1.76%(固定金利)で銀行やノンバンクの教育ローンと比べるとかなり安いです。

一般的に銀行で3から5%、信販系は5から10%という金利が多いので国のパートでも借りれる教育ローンが存外に低金利なのがわかります。

学費以外に受験時の交通費や宿泊費、パソコン購入費など教育に関する目的であれは幅広く利用することができます。

しかし、教育一般貸付は、低所得者の学生を救済するためのローンになりますので対象となるのは中学校卒業以上の子供になります。

カードローン型と呼ばれるパートでも借りれる教育ローンがあることを知っていますか?普通のカードローンと同じで個人に与えられた限度額の範囲内なら自由に借り入れや返済を行なえるといったローンになります。

通常のカードローンとどこが違うのかというと使途が教育資金以外に使ってはいけないということです。

消費者金融やノンバンクに多い商品となりますがカードローン型を提供している銀行もあります。

学費が明確になる初年度は一括借入れ型でかかる学費がよみ辛い2年目以降でカードローン型が利用できるという金融機関もあります。

パートでも借りれる教育ローンの金利に関して説明すると、教育ローンの金利というものは、借入する金融機関によって大幅に差があります。

低金利なところでは1%台からありますが、高いところでは金利が10%近いものもあるのです。

銀行のローンであれば口座を作ることで優遇金利が適用される場合があります。

金利の計算方法は2つの方法があって変動金利と固定金利の2つの金利タイプがあります。

目下のところ低金利の時代となっていますので固定金利の方がリスクがないと思われます。

教育ローンでいくらまで借りられるかは銀行やノンバンク等によって融資額はそれぞれ異なります。

国の教育ローン(教育一般貸付)は最大限度額が350万円と決まっています。

民間銀行の教育ローンは最大で1000万円程度融資してくれるところもあります。

就学先が医学部や歯学部の場合は、最大で3000万円までローンを組んでくれる銀行もあります。

一方、信販会社は大学や専門学校などと提携している場合があり、提携校によって融資額が変わるほか、直接学校に振り込まれるなど他のローンとは少し対応が変わってきます。

学生本人がパートでも借りれる教育ローンを借りる手続きをするというのは基本的にはできません。

学費目的であても借金を背負うということですから借主は貸借契約の責任を取らなければいけません。

そのためには借入者が成人であることや安定継続した収入があることが認められる必要があります。

その上、今働いている職場を辞める予定がないことや家賃や光熱費などすべて自分の稼ぎで支払えていることも重要になります。

国の教育ローンよりも銀行の教育ローンのほうが融資が下りる可能性は高いと言えるでしょう。

教育ローンもローン契約なので利用するためには審査をクリアする必要があります。

審査を受ける際に用意しなければいけないものがあり、本契約までには全て揃えておく必要があります。

借入申込書はネット申請は不要ですが源泉徴収票や確定申告書などといった、収入証明書類は必要になります。

そのほか、運転免許書やパスポートなどといった本人が確認できる書類や住宅ローン(家賃)などの支払いが確認できる通帳のコピーも必要となります。

何より一番肝心な書類は在学が確認できる書類や合格が確認できる通知、入学許可書です。

教育ローンの融資の受け取り方法のひとつに一括で借り入れられる一括借入れ型があります。

要は住宅ローンのように一括で入金されるタイプの融資です。

銀行の多くはこの一括借り入れ型を採用しています。

一括借入れ型の特徴をご紹介するとローンの契約が成立すると同時に返済金額が確定となる事です。

返済計画が立てやすい一方、予定以上に学費や生活費にお金がかかってしまった場合、新たにローンを組まなければなりません。

関連記事




Copyright (C) 2014 パートでも借りれる教育ローンはどこが良い?【審査が甘いおすすめの借入先】 All Rights Reserved.