パートでも借りれる教育ローンはどこが良い?【審査が甘いおすすめの借入先】パートでも借りれる教育ローンはどこが良い?【審査が甘いおすすめの借入先】

教育ローンをご検討中の方へ、パートをしていて比較的安定した収入のあれば、誰でも借りれる教育ローンを厳選してご紹介します。
TOP PAGETOP PAGE > >> 埼玉りそなの教育ローンを知ってい
埼玉りそなの教育ローンを知ってい

埼玉りそなの教育ローンを知ってい

埼玉りそなの教育ローンを知っていますか?埼玉りそなの教育ローンはりそな教育ローンという商品名です。

りそなの教育ローンは変動金利になりますので1年に2度、金利が更新されます。

りそなパートでも借りれる教育ローン(証書貸付タイプ)の現在の店頭表示金利は2.20%ですが埼玉りそな銀行で住宅ローンを利用している人ならば。

住宅ローンご利用者プラン1.80%が適用されます。

最大借入可能額は500万円となっており返済期間は最長14年ですが、医・歯・薬・獣医学部の就学費用に関しましては最長20年までOKです。

最長4年6ヵ月は利息のみの返済も可能で、すでに学費を払い込んだ後でも3ヶ月以内なら借入れ可能などのメリットもあります。

パートでも借りれる教育ローンとはどういったものかご存知ですか?パートでも借りれる教育ローンとは借入の目的を教育関係の費用に限定されているローンです。

学生の保護者が学費の入学金のためにローンを組む場合が多いようです。

義務教育以上の学費や私立の学校であっても利用対象となります。

融資してくれる金融機関は銀行やノンバンクが取り扱っています。

事前に確認しておきたい点として、融資先によっては、保育園の費用や習い事にはパートでも借りれる教育ローンが適用されない事があります。

高校生にかかる学費はピンキリです。

私立高校の場合、学費だけで年間70万円以上もかかります。

学費が払えないと最悪の場合、除籍や退学になってしまいます。

高校は教育機関のため、一定の猶予が与えられますが3か月以上滞納すると除籍・退学になる可能性が出てきます。

学費が払えないときの解決策となると、借金ということになりますが借りる先を誤ってしまうと大変なことになります。

国のパートでも借りれる教育ローンを利用すれば世帯年収が低い方のためのパートでも借りれる教育ローンですので安心して借りることができます。

国が貸し付けているパートでも借りれる教育ローンをご存知ですか?国の教育ローンは日本政策金融公庫という政策金融機関が取り扱っています。

教育一般貸付という名称で、最高350万円まで借り入れることが可能です。

教育一般貸付の金利は年1.76%と低く設定されており固定金利ですので、利子が膨れ上がる心配がありません。

子供の人数や世帯年収(所得)によって受けられる優遇制度もあります。

融資された資金の使い道は民間の融資機関よりも幅広く在学のために必要となる住居費用などにも使うことができます。

パートでも借りれる教育ローンという進学などのため費用を融資してくれるローンを提供している金融機関は銀行をはじめノンバンクなど数多くあります。

その中で1番おすすめしたいのは教育一般貸付という日本政策金融公庫が提供する国の教育ローンです。

銀行と比べた場合最高融資額が350万円と少なめですが、年利はわずか1.76%で固定金利なので安心ですね。

大学や高校に限らず専門学校や短大、各種学校などにも幅広く対応しています。

融資の使い道も入学金や授業料にとどまらず学校納付金はもちろんのこと、在学のため必要となる住居費用の支払も認められています。

低金利有名なパートでも借りれる教育ローンと言えば国営の教育一般貸付です。

年1.76%(固定金利)という金利で銀行や信販会社のパートでも借りれる教育ローンと比較するととてもお得なのが分かります。

一般的に銀行で3から5%、信販系は5から10%という金利が多いので国の教育ローンが存外に低金利なのがわかります。

利用条件として学費以外にも定期代やパソコン購入費など幅広く多様な使い道に対応可能となっています。

しかし、こちらのローンは低所得者でも学びたい気持ちをサポートするというものになりますので、融資の対象は義務教育以上の教育を望む中学校卒業以上の子供になります。

パートでも借りれる教育ローンが借りれないという人はどういう方が該当するでしょうか。

色々な原因があると思います。

まず、仕事についていなければなりませんから無職であったり年金受給者と言う人は貸してもらえません。

正社員でなくても借りることはできますが、安定して継続した収入があることが必須となります。

契約社員などの場合は最低でも2年以上の勤続年数が求められます。

また、年収も200万円以上は必要となりますので、それ以下ですと審査に通るのは困難と言えるでしょう。

パートでも借りれる教育ローンの申し込み方を紹介します。

申し込み方法には郵送で送る方法やインターネットを利用した申し込み方法などがあります。

郵送の場合は最初に電話などで借入申込書を請求してください。

その後書類がお手元に届いたら必要事項を記入し、返送することになります。

インターネット申し込みを利用する場合は事前診断コーナーが設けられていますのでそちらを利用することで借り入れ可能か診断することができます。

仮審査の申請もネット上で行えますしとても便利ですよね。

一通り仮審査申し込み手続きが完遂したら受付けた旨のメールが届くはずですので忘れずに確認しましょう。

ろうきんは会員が出資し相互扶助を目的に設立された非営利団体です。

銀行や信販会社といった営利目的では運営されていないため金利は2から3%台と低く設定されています。

限度額は1000万円から2000万円となっておりローンの返済期間は15年から20年と長期にかけて返済していくことになります。

一般の人でも借りることはできますが労働組合や生協組合などの会員であれば優遇金利が適用されることが多いです。

地方の労金の場合になると、入学金や学費以外にも仕送りや下宿代といった用途も認められている点がユニークです。

パートでも借りれる教育ローンといえどもローン契約に変わりないので利用するためには審査をクリアする必要があります。

審査を受けるため用意しておかなければいけないものがあり、本契約までには全部揃える必要があります。

借入申込書はネット申込みの場合は不要ですが収入証明は必須です。

そのほか、運転免許書やパスポートなどといった本人が確認できる書類や住宅ローン(家賃)、公共料金の領収書または支払いが確認できる通帳のコピーも必要です。

ですが、何より一番重要な書類は在学証明できる書類や合格通知、入学許可書になります。

関連記事




Copyright (C) 2014 パートでも借りれる教育ローンはどこが良い?【審査が甘いおすすめの借入先】 All Rights Reserved.